KOTOのプロフィール

当ブログの筆者・KOTO(こと)の詳細プロフィールです!

KOTOってだれ?

東京都出身の20代女性です。山羊座。一度きりの人生、自分が納得できる生き方をしていきたい。いつでも自分のこころに素直に生きたい。悩みまくった結果、25歳・4年目にして地方公務員を退職!今は、好奇心の赴くままブログを書いてます(´ `*)

趣味

読書

2つの市から借りて、月合計20冊、こころの赴くままに読んでます。好きなジャンルはエッセイ・人生哲学・詩・実用書(暮らしのこと)・脳科学・旅行記。

図書館は入場料無料のときめきワールドです。ふらふらっとまわって気になる本を見つけた瞬間…!だいすき!

すきな著者や本はたくさんあり過ぎて選びきらないのですが、敬称略でちょっとまとめてみました☆ミ

小説家 三浦しをん
エッセイ 益田 ミリ、廣瀬 裕子、石田 ゆり子、甲斐 みのり
寺山 修司、穂村 弘、茨木のり子
実用書

ヘンリー・D・ソロー(「ウォールデン森の生活)、ミッチ・アルボム(モリー先生との火曜日)、スティーブン・R・コヴィー(「7つの習慣」)、池谷 裕二さん(脳には妙なクセがある)

漫画 鬼頭莫宏(ぼくらの)、ヤマシタトモコ(her)、入江亜季(乱と灰色の世界)
占い 石井ゆかり、鏡リュウジ、しいたけ、ゲッターズ飯田

 

お散歩

走るのは10mすら無理そうですが、歩くのならいくらでも。

旅先では公共機関にも乗らずに、お散歩というには長すぎる距離をついつい歩いてしまいます。

マンホールも見つけなきゃならないし(使命感)!

平々凡々なわたしに才能があるとしたら、小さなことでも幸せになれることかなぁと思います。天気がいい日に公園をお散歩するだけで「私って世界一幸せかもしれない…」って思ってます 笑

ご当地マンホール観賞

 

これほんとに、おすすめしたい趣味。日本酒呑めない方、地酒の代わりにどうですか!?

ちょっとしたお出かけや旅行先での楽しみになります!だいたい市の花とか鳥とか観光名所とかがデザインされてます。きゅーん・・・。

マンホール好きにもいろいろあって、自治体が発行しているマンホールカード集めをしている方や、知識がすごくあって歴史的な面で興味のある方もいらっしゃるのですが、基本わたしは見る専

灯りを受けて夜ギラリと光る「ギラリ蓋」、蓋の隙間に苔や植物が生えている「すきまネイチャー」なども、たまらないです。

ちなみにマンホール蓋以外にも、人が入れない蓋や地面の注意書き印刷、飛び出しぼうやなども好きですw たぶん土着のものっていうのがいいのかなぁ?そんなわけで私にとってはどこに行っても観光場所がたくさんあるので、幸せなことです 笑

どこかの誰かが「自称・探蓋師(たんがいし)」って言ってたんですけど、めっちゃかっこよくないですか!?

わたしは探す能力も知識もまだ足りないので、「観蓋見習い」くらいですね 笑

歌をうたう

ちょっと声が高めなこともあり、中学生のころからなんだか自分の話し方とかに違和感があって…。

社会人二年目の時、個人レッスンで発声について習ってから自分の本当の声を発見。

歌を歌うとき、もっとも素直な自分になれる。魂の開放ができるんだと知ってからはもう虜です(´ `*)

趣味バンド

バンドのボーカルをやっています。

って言っても、完全なる趣味バンドで発表とかもなく、月一で集まって演奏するだけですが・・・萎縮しない仲間とやっていて楽しい( ´ ` *)

ただし全然声は出ていません!笑

これまで歌ったのはミスチル・スピッツ・アニメソングなどなど。順番で曲をきめてます♪

アコースティックギター

弾き語りがしたい・・・!と思い2017年10月にsilentギターを購入。でも全く練習できてない(;▽;)ごめんなさいぃぃ

一輪車

小6の時まで、塾に行くにもスーパー行くにも乗ってました。乗りすぎて自転車の乗り方が分からなくなってしまったため、高2の修学旅行前に練習しなきゃいけなくなったほど好きでした。

一輪車で日本横断してる方のブログを見て、興奮が止まらずとうとう、2017年10月にポチった。後悔はまったくしていない。でも、住宅街で乗る勇気もない。

そんなわけでしばらくは、人気のない早朝こっそり、マンションのまわりで乗っていようと思う(不審者・・・)。

御朱印集め

ご利益を、記念に、筆文字が…収集理由は色々あると思うんですが、わたしがときめいているのはデザイン。

今のところNO.1ときめきは、伊勢神宮です。シンプルな中にも洗練された美しさがあり、たまりません。

インスタが始まってからブームになったイメージ。

なかなか使えないけど、ついつい豆皿とか買ってしまいます。黒豆とか入れて積極的に使える人間になりたい。

鉱石

削られたものではなくそのままの原石が一番すき。

家にある中でもお気に入りなのが、薄紫のメキシコ産クリード石。これは拡大して、見やすいようかなり加工していますが、ちょっと花に見えません!?

見立ての世界も、サイコーです。

ちなみに今は、チェンマイで買ったマクラメを毎日つけています(´ `*)

 

KOTOの幼少期~公務員退職に至るまで

小学校時代

にこにこしてた。

恐ろしいほどなんにも考えてなかったため記憶がめっちゃ薄い。とにかく一輪車とゆかりおにぎりを熱烈に愛していた。

高学年から塾に行って、私立に行くための勉強。ちなみにこの時、ストレスで前髪を引き抜いていたため、前髪がほぼ無くなり、横から無理やり斜めに流してた。

すごく恥ずかしくって…わたし、こういうことばかり記憶に残ってます 笑

中学校時代

中高一貫の女子校に入学。

バトントワリング部に入るも、女子の怖さを思い知らされ2年目の文化祭後に辞める。

その後は歴史部で地味に過ごす。いじめが横行する中、瞬時に「いじめる側」の人間を見分けられるようになるものの、対処方法はいまだに編み出せていない模様w

しかし、どうしても分かり合えない人がいて辛ければ、環境を変えればいいんだと学びました。

高校時代

遅れてきたアイデンティティークライシス

なぜ自分は周りのひとと気軽に、ためらいなく話せないのか?わたしはここにいていいのか?

「将来に対する漠然とした不安」もあり、なぜかわからないけど毎日部屋で泣いていた。

そんな中、大学受験のストレスで過敏性腸症候群になってしまい、さらに周囲の目を気にするようになり、つらい日々を送る

中高6年間、価値観が同じなひとと出会えなかったんですよね。

でもまぁそのおかげで今、自然体でいられる、「味方だな」と思えるひとに出会った時の喜びが大きいんだと思います(´ `*)

大学時代

大学一年生の時に価値観が非常にあう人と出会えたことで、自己肯定感を得ることができ、人生を救われる。

アルバイト先やサークル先など、それぞれのコミュニティーで過ごしたことで、「これからは自分が飛び込めば、いろんな居場所を作ることができるんだ」と気づく

ちなみに史学科(日本史・平安時代専攻)だった。

もともと古文がすきだったので、大学受験向けの個別教師のアルバイトをしていた。また、1年くらいオムライス屋さんでウェイトレスをしていた。

社会人1~3年目

地方公務員(役所)として働き始める。窓口職場。

1年目初めはめちゃくちゃ辛かったけど、後半ごろに「あっ、周りにいる人たちって敵じゃなくて味方なんだ。そんなに怖がらなくてもいいんだ」と思えてから気が楽になった。

それからは素晴らしい人柄の人たちに囲まれ、天国のように過ごす。

結局仕事にたいせつなのって環境(周りの人)だなぁとしみじみ感じる

実はこの時すでに退職しようと考えていたが、結局もう少しいる決断をした。

3年で絶対異動しなきゃいけないのをすごく嫌がってた 笑。

社会人4年目

窓口という先端業務から、政策系のところにいき庶務等をする。

少人数なのにチームでやっていこうという朗らかな雰囲気がなく、かといって積極的に改善できず、人形のような顔をして過ごす日々。

夏に精神的なものが肉体にも響き、ごはんが食べられなくなったりする。

もともと3月末退職を考えていたが、12月末に退職することにした(9月末申出)

KOTOのこれから

今まで慎重派で行動に移せなかったから、とにかく自分のこころに素直に、やりたいことをどんどんやっていこうと思っています。

まずは英語をできるようになったり、生命力をつけたい!

そして、どこへでも行ける・どんな時も自分らしくいられる自分になりたい。

2018年2月にずっと行きたかったタイのチェンマイに行ってきたのですが、そこで方向性が見えてきました。

おそらくこの先数年は、海外で暮らしたり働くことを目指していくことになりそうです(´ `*)

ただ、こちらの「silent好奇心!」では、好奇心に赴くまま、自分が心から好きでおすすめしたいなと思うものなどを書いていく予定です。

よかったら仲良くしてください!

旅関連の記事は別サイト「旅するカザミドリ-たび、ときどき暮らし-」に書いてます。

よかったらそちらもみてくれると嬉しいです♪

ではでは、読んでくださってありがとうございましたっ(*^_^*)